通っていた病院が閉院になることに伴い、別の病院に移ることになった。

胆のう摘出手術をした大きい病院に紹介状を書いてもらい一時通院したが、症状が軽い人は別の病院に移ってもらいたいという事で、5ヶ月後再び別の病院に移ることになった。

そこの病院にはリワークプログラムという復職を目指している人たちが集まって治療をするという感じのがあり、体験参加を得て参加することに決めた。

参加する前に私自身まだ問題があるという事を自覚していた。

・外食があまりできない。
・不安になり約100m以上の距離を歩けない。
・乗物での遠出ができない。

の3点。

初めの月のリワークの参加日数は週に1回。

次の月は2回、更に次の月から3ヶ月は3回。

そして、ラストの月は週5日参加しました。

参加2回目の昼休みに散歩に誘ってもらい徐々に散歩の不安が無くなっていきました。

食事も体験参加の時は半分程しか食べられませんでしたが、次回からは何とか食べられるようになり、4ヶ月目位からは何も心配しなくパクパク食べられるようになりました。

遠出も車で何十年ぶりに数十キロ離れている親類宅に行くことができました。

リワーク参加8ヶ月で上記の3つをクリアすることができ、参加して良かったと思いました。

同じ境遇の人たちとリワークのプログラムを受けたり、世間話をしたりコミュニケーションをとることで、次第に精神的に軽くなってリラックス出来たのが一番大きかったのかなと感じました。

今も薬は飲んでいますが2020年からはパニック障害と会食恐怖症の症状は一度も出ていません。

でもこの様な病気は100%完治は無いと思っているので、今後も健康には気をつけて生活を続けていこうと思っています。